女医

費用を考える

不妊治療には、非常に費用がかかります。少しでも費用を抑えるためには、医療費控除や補助金を利用する方法があります。不妊治療が高いのは、治療そのものが費用がかかることと、保険適用でない治療が多いことなどが原因です。

この記事の続きを読む

人工授精について

大阪の産婦人科では人工授精という不妊治療を行っており、利用法として患者の母体の安全を確認してから治療を行っています。ですが人工授精について詳しく知らないという人が多いのが現実です。

この記事の続きを読む

体外受精について

体外受精の費用が高額ですが、大阪府や大阪市では、特定不妊助成金などの補助を行っているので、うまく活用するようにしましょう。体外受精を行うことによって、妊娠率はぐっと上がります。

この記事の続きを読む

早めの受診が大切です。

妊活マカとして効果的なのがサプリメントです。サプリメントなら手軽に高品質なマカを摂取することができますよ。

妊娠を望んでいるのに、結婚して2年経っても妊娠の気配がない場合、 病院に行って不妊治療を始めるのが一般的です。 もちろん、病院に行ってすぐに治療が始まるわけではなく、 まずは何が原因なのかを調べるための検査を行い、 その検査の結果に沿って、治療が始まります。 特に何の問題もない場合は、タイミング療法と言って、 排卵のタイミングだけを確認し、 その日に夫婦生活を営むという方法から始まります。 それでも妊娠しない場合は、薬を使っての治療や、 人工授精、体外受精、顕微授精とステップアップしていくことになります。 女性の年齢が高くなればなるほど、妊娠しにくくなるので、 年齢によっては、最初からステップアップしての治療を行うこともあります。 結婚したらすぐに妊娠すると思っている人が多いですが、 最近は晩婚化も増えているので、不妊治療を行っている夫婦は意外と多いものです。 自分の年齢も考え、早めに病院を受診することをおすすめします。

さて、病院を受診するの際、病院選びを工夫しましょう。 大阪にはたくさんの不妊治療を行う病院やクリニックがありますが、 中には、産婦人科と一緒にされているところもあります。 なかなか妊娠しないと、妊婦さんと待ち合い室で一緒になることが 精神的な苦痛になってしまいます。 不妊専門のクリニックを選べば、気持ちも少し楽になれます。 また、体外受精へのステップアップを考えている方は、 もっと専門的になるため、やはり技術のある病院を選ぶのがよいです。 大阪で体外受精を行っている病院は、大阪府や各自治体で行っている 特定不妊治療助成金対象の病院から選ぶのも良いですし、 大阪で体外受精を行う病院の口コミや評判などを 参考にしたりすることをおすすめします。 病院によって、費用も随分違ってきますので、 自分が納得できる病院を選ぶことが大切です。