費用を考える

不妊治療に必要な費用は、一説には一千万と言われています。もちろん、個々の不妊の原因や、どのような治療を選択するか、どの医院に通院するかによって変わってきますが、高額なことには変わりありません。不妊治療に費用がかかる理由としては、保険が適用できない治療が多いことと、治療方法そのものが高度な技術や高い装置・薬剤が必要であることが挙げられます。不妊治療の費用を安く抑えるには、市町村によっては補助金が出る場合があるので、それを利用することや、医療費控除を申請することなどが挙げられます。治療内容において、安易に安い治療を選択するのは、お勧めできません。いくら安くても、妊娠しなかったら何度も繰り返さないといけないので、結局は高くつきます。

不妊治療には、保険が適用される治療とそうでない治療があります。例えば、広く行われている人工授精も、全額自己負担で約二万円となります。その前の段階の、自然排卵などの治療も含めると、一回の治療で三万円前後かかります。さらに、体外受精や顕微鏡受精などの生殖補助医療を行うには、合計で五十万近くかかります。このような治療を、妊娠するまで何回も繰り返さないといけないのです。現在は、高額な生殖補助医療に対し、十万まで公費で負担してもらえるようになりました。今後も、少子化対策のためには、不妊治療にかかる費用の負担を減らす動向が望まれます。また、人工授精など、広く行われる不妊治療を保険適用できるような制度改革が望まれます。